ペットイメージ

ペットを飼い始めたきっかけ

一人暮らしですが、犬を飼っています。
犬を飼い始めたのは3年前からなのです。
私は大学に入学してから、都内で一人暮らしを始めたのです。
上京してからは都内には知り合いもいなくて、とにかく寂しかったです。
ホームシックになってしまうことも多かったのですが、そんなとき、知り合いの飼っている愛犬が子供を産んだのです。
しかし、経済的に今飼っている愛犬だけでてがいっぱいの状態だというので、飼って欲しいと言われたのです。
私の住んでいたマンションはペットを飼うことが禁止されていなかったので、飼うことは可能だったのです。
それでも犬を飼ったこともないし、自信がなかったのです。
私も無理だと知り合いに言ったのですが、すると、知り合いは飼い主が見つけることができなければ、この犬は保健所に行くことになってしまうのだと言われたのです。
それを聞いた私はさすがにそんな可哀想なことはしたくない、という気持ちになってしまったのです。
犬は世話も大変だし、お金もかかるので気軽に飼うことができないので飼い主も見つからないのだと友人は話してくれたのです。
そのため、私も犬を飼う決意をしたのですが、知り合いの家に見に行ってみると、飼って欲しいという犬は生後3ヶ月のまだ小さな犬だったのです。
その瞬間、犬を飼うことをためらっていた私の気持ちも変化したのです。
世話をすることができるかというと、当時は学生だったので一緒にいることができる時間を確保することも難しくなかったのです。
なので、知り合いにも犬を飼ってもいいと言ったのですが、そしたら喜んでいたのです。
しばらくして私の部屋に犬がやってきたのですが、生活も大きく変わってくれたのです。
家に帰ってもいつも誰もいなかったのですが、犬を飼い始めてからはその犬が玄関まで迎えてくれたりするのです。
家に帰ることも楽しみになったし、寄り道をすることも少なくなったのです。
気が付けば、傍に犬がいる生活も悪くなかったのです。
しつけは特にしていないのですが、無駄吠えすることもなくておとなしい犬だったのです。
マンションで暮らしているのですが、近所の人も犬を飼っていることを言われるまで気がつかないくらいだったのです。
現在は仕事をしているのですが、仕事でミスをしてしまうことがあると悲しくなってしまうことも少なくないです。
家で1人で涙を流していると、犬が私の傍に寄り添って慰めてくれることもあったのです。
犬を飼い始めて正解だったのです。

Copyright(C) 2012 動物を飼う.com All Rights Reserved.